NHKがネット利用者から料金を取ろうとしてることについて

 

少し前ですが「受信料は、公共放送の事業を維持運営するための負担金であり、放送の対価ではない」とNHKの上田良一会長が発言しましたね。

はぁぁ!?って思いませんでした?
負担金ってなんですか?!勝手に負担させないでよ、って感じです。

 

 

ツイッターで、委託業者のヤ〇ザかと思うような徴収の様子をみました。知ってる人から実際に、押しかけられてなかなか帰ってくれなかった話を聞いたこともあります。もちろん松山市での話です。

NHKをみるかみないかは全く関係なく、家にテレビがあるだけで負担金が発生する仕組み…。

仕方なく支払ってるおうちが多いんじゃないですかね。私もそう。

朝の連続テレビ小説もみないし、大河ドラマもみない。ニュースやドキュメンタリーは左に傾いた情報だし、全く見る価値なしって思ってるのに受信料を払ってます。

おかしいよね…。正直。

電波入札やスクランブル放送など、いろいろな提案があるようですがそれはまぁ今回はおいといて。

インターネットの利用料金のお話です。

 

NHKがネット利用者から受信料のような利用料を取ろうとしてるのを知ってますか?

経済評論家の渡邊さんが解説しているユーチューブ番組です。
分かりやすく解説してくれてますが、ざっくり言えば、NHKがインターネットの利用者から受信料ならぬ通信料として料金を徴収しようとしているって話です。

テレビと同じようにインターネット利用者から負担金を取ろうとしてるんですっ!

 

 

テレビより厚かましいのはひとりひとりに対してお金を取ろうとしてるってこと。

( 」゚Д゚)」ふざけんな!ばかたれがーっ!

 

NHKが大好きで受信料払うのになんの疑問も持ってなくて、インターネット料金を取られることになーんにも反対じゃない人は関係ない話です。(そんな人いるのか疑問だけど。笑)

でも、NHKがインターネットにまで触手を伸ばして、料金を取ろうとしてることに反対の人は、総務省のパブリックコメントに意見を書いて出してください。

私は出しました!!(๑ↀᆺↀ๑)✧

だって払いたくないもの!!

余談ですが、パブリックコメントに意見を書いて出すのは2回目w
初めては韓国をホワイト国から除外することへの賛否のアンケートのときでした。

リンク:日本放送協会のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方についての意見募集

お役所ってどうしてこう分かりにくい書き方するんでしょうかねぇ。

とにかく、NHKがネット通信に入って料金をとるサービスをしていいかというアンケートで、反対の人は自由な意見を総務省におくるというもの。

自分の声を直接届けることができるので、意思表示にはもってこいです。

 

画面の下の方にある「意見提出フォームへ」をクリックして、意見を書きます。

ネット受信料徴収反対、とか、NHKは解散すべきだ、など、NHKに対する意見をはっきりと!

 

何回でも送ってOKらしい。

 

NHKへの思い

 

NHKは国営ではないものの、受信料を徴収してるってことも含めて公共的な立ち位置の放送機関であるはずです。

それにしては偏った報道をしています。中韓に忖度してることや、歴史のドキュメンタリーでは正しくない情報で誤解を与えたり。

きちんと中立の立場で公平な報道をしてるなら、公共的役割を担うという意味で受信料という名の負担金にも理解を示せます。でも現実は負担金を支払いたくない番組が多く、加えてNHKの職員の給料が高額なのもなんか納得いかないです。

もうね、NHKが受信できないテレビを売ってよって思います(笑)
逆に、NHKをみたい人は専用カードを差し込まないと観れない仕組みでもいい!とにかくこっちに選択させてほしい。

電気代や電話代は料金を払わなかったら「使えませんよ」ってストップされるのに、NHKは払わなくても勝手に流しつづけ、見ても見なくても過去にさかのぼって請求されるんだから怖いよねぇ。押し売り?

こんな状況でさらにインターネットの負担金まで取ろうだなんて、どんだけ厚かましいんだって腹が立ちます。

もし同じように反対だって人は、パブリックコメントに意見を書いて総務省に届けましょう!

締め切りは2019年12月08日までです。

 

1
\ブログランキング参加中です/

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ

「いいね」みたいな感じでポチっとしてもらえると「ブログ見てもらえてるんだなぁ」って思えて嬉しいです^^
この記事を書いた人

まっちゃま
人生のほとんどを松山市内で過ごしてきたアラフィフです。
方向音痴で右折と車線変更が苦手ですが、グーグルマップとスマホナビのおかげで松山市と松山市近郊のグルメやお出かけを楽しんでます。 私が行けるところは大抵の人が行けるはず!