【映画】衣山シネマサンシャインで2回目の「鬼滅の刃 無限列車編」を観てきました(2020)

 

衣山シネマサンシャインで「鬼滅の刃 無限列車編」を観てきました。

この映画のyahoo映画の口コミ評価は(4.2)
(映画を観に行く直前の評価です)

 

アマゾンプライムでアニメ「鬼滅の刃」をみてすっかりハマった私。映画を楽しみにしておりました(๑ↀᆺↀ๑)✧

アニメで映像美にため息をついており、映画への期待も大きかったですが、想像以上に素晴らしかったです。風景の美しさが見事!技の表現が見事!

アニメをみてすごいなって思ったのが、着物の柄がちゃんと面に合ったものになってたこと。全体に柄をはめ込んでるんじゃなく、ちゃんと柄が動くんだよね!手間がかかってるなぁって思いました。そういう細かいところにこだわってる制作陣の映像なのだから、それはもう細部まで美しかったです。

映像に命を吹き込む声優陣もプロ集団。アイドルとか芸能人とかじゃない!吹き替えの映画を観に行くと、たまに混ざってるときあるじゃないですか。知らなくてもすぐ分かりますもん。「ん?」って(;^_^A

舞台が大正ということで、もちろん私は生まれてなかったけど、古き良き日本を感じられるところも魅力です。

 

ここまででも伝わってしまったと思いますが、私、この映画大好きです!2回観ましたし、3回目もあるかもしれません(笑)

1回目は公開して最初の日曜日。翌週の金曜日のレイトショーに行くも満席で入れず、翌週の水曜日のレディースデイに仕事帰りに行って2回目を観ましたが、水曜日もほぼ満席でした。

できれば3回目は、まわりに人がいない状態で観れるといいなぁ。

私、気に行った映画やドラマは何回も観るタイプですが、同じ映画を映画館で2回観たのは生まれて初めてです。

最初の日にもらった来場記念品。嬉しいw

 

鬼滅の刃の前に「テネット」を映画館に観に行ったときは、コロナ対策で前後左右に人が座れない状態になってました。鬼滅の刃もそうなんだろうと思ってたら、以前のスタイルに戻ってて、それで満席って、すごいよね。

あ、全然関係ないけど「テネット」。私には何がなんだかサッパリ分からない映画でした(笑)でも、面白くないわけではなく、アクションはカッコよかったし、見終わった後なんとも不思議な気分でした。ブログに書き忘れてたので一言感想です。

 

映画情報

 

 監督  外崎春雄
 出演  花江夏樹/鬼頭明里/下野紘/松岡禎丞/日野聡/平川大輔/石田彰/小山力也/豊口めぐみ/榎木淳弥 ほか
 時間  117分

2020年製作/117分/PG12/日本
配給:東宝、アニプレックス

公式サイトはこちら:https://kimetsu.com/anime/#top

「週刊少年ジャンプ」で2016~20年に連載され、単行本1~22巻の累計発行部数が1億部を突破する吾峠呼世晴の大ヒット漫画をアニメ化した「鬼滅の刃」の劇場版。19年4~9月に放送され、炭治郎らが無限列車に乗り込む場面で終了したテレビアニメ版「竈門炭治郎 立志編」最終話のその後の物語が描かれる。大正時代の日本。鬼に家族を皆殺しにされ、生き残った妹の禰豆子も鬼に変貌してしまった炭治郎は、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、鬼狩りの道を進む決意をする。蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっているという無限列車に到着する。炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助は、鬼殺隊最強の剣士の1人、煉獄杏寿郎と合流し、無限列車の中で鬼と立ち向かう。

映画.comより

まっちゃまの感想(ネタバレあり)

アニメでハマり、マンガ本を大人買いしたものの、映画になるのが分かってたのでマンガは読まずに、展開を知らずに映画を観ました。ので、まさか煉獄さんが死んでしまうなんて思わなくてショックでした(T ^ T)

主題歌「炎」の歌詞が沁みる沁みる。鼻がツーンって。

エンドロールって席を立つ人がいるものだけど、2回ともみんな最後の最後まで観てましたね。きっとみんな私と同じ気持ちに違いないって思ったわ!←勝手に同じにするな(笑)

歌と共に映し出される煉獄さんの姿に、(これでもう煉獄さんと会えないのか)って思うと目にしっかり焼き付けておきたくて。凛々しい姿に幼き日の姿、どれもこれも泣けました。

煉獄さんはまさに漢!

炭治郎にしても、他の柱にしても、鬼に大切な人を殺されて怒りが戦う原動力になってるのとは違って、煉獄さんは正義感と亡き母の言葉「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務」を胸に、己を鍛え、心を燃やし、後輩の盾となって戦っていて、そんなんカッコ良すぎて映画館2回行ってしまうやろ~って感じです。

これからもまだ物語は続いていくわけで、ここで煉獄さんが死んでしまうことの無念さを感じてしまうわけだけど、煉獄さんは自分のやるべきことを全うして見事に生き切った。

炭治郎が叫んだように、煉獄さんは負けてなんかない!

 

映画の中で心に刺さる言葉がたくさんありました。

煉獄さんが息絶える前に炭治郎に「信じる」と言葉を残したのだけど、それに応えられるかなぁと泣いてる炭治郎に、伊之助が「信じると言われたらそれに応えること以外考えるんじゃねぇ」と被り物から溢れるくらい涙を流しながら叱りつけた場面が、結構心に残りました。

もちろん他にもあるけれど、全部書いてたらヤバい人になってしまうからやめときます(笑)

口を開けばあそこが良かったここが良かったと言ってしまう私ですが、ちょっと受け付けないこともあったりもします。

ギャーギャー叫ぶ声が耳に痛かったり、ギャグ?がちょっと笑えなかったり?(笑)

 

最後に



「胸を張って生きろ。己の不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ、歯を喰いしばって前を向け。君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。共に寄り添って悲しんではくれない。」

煉獄さん(T ^ T)

 

覚えたいし歌いたい。きっと歌いながら泣いてしまいそう(笑)

住所愛媛県松山市衣山1-188  パルティフジ衣山2F 地図
伊予鉄道高浜線衣山駅を降りて、北へ徒歩5分
電話番号24時間上映時間案内 089-911-0066
駐車場無料駐車場 1,000台
ホームページhttp://www.cinemasunshine.co.jp/theater/kinuyama/

<ご案内>
衣山シネマサンシャインの上映スケジュール
料金案内
よくある質問

1
\ブログランキング参加中です/

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ

「いいね」みたいな感じでポチっとしてもらえると「ブログ見てもらえてるんだなぁ」って思えて嬉しいです^^
この記事を書いた人

まっちゃま
人生のほとんどを松山市内で過ごしてきたアラフィフです。
方向音痴で右折と車線変更が苦手ですが、グーグルマップとスマホナビのおかげで松山市と松山市近郊のグルメやお出かけを楽しんでます。 私が行けるところは大抵の人が行けるはず!