【中国の恐怖】自由と民主主義を守るために戦う香港をみて思うこと

 

香港では民主主義と共産主義の熾烈な戦いが繰り広げられています。

学生も妊婦も容赦なく攻撃されている映像をみるにつけ、中国共産党の非道な弾圧には怒りがこみあげます。中国の蛮行は香港だけではなく、ウイグルやチベットではもっとひどいことが行われていて、その残虐な行為は「見えない」分さらに恐ろしい。

百田尚樹さんのツイートをみて胸が痛くなりました。

 

「ウイグル人に情けは無用」か…。 ウイグル人にとっては、この世は地獄だろう。毎日のように、家族が殺され、妻や娘はレイプされる。 世界の誰も助けようとしない。このツイートを書いている私も、それを読んでいるあなたも。

私にできることは、「中華人民共和国を信用してはならない!」ということと、「中国を利することはしてはならない!」ということを、主張し続けるだけ。 中華人民共和国は世界のガンである。

記事:ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道

中国に対して怒りがこみあげても、私も結局何もしないしできない。

それでも、何もできないから無関心でいるのは違うと思う。それに日本も他人事ではないわけで、中国の脅威は、香港から台湾へ、そして沖縄、日本へと向かってきます。左翼の人たちは憲法改正にも反対だけど、本当に何もしなくても「ひどいことはしないでください!」って言ってれば日本はこのまま平和を守れるんでしょうか。あの中国に、北朝鮮に。私は、怖いです。

中国のしている数々の非道な行いは許せません!

来年春に予定されている習近平国家主席を日本に国賓招待など大大大大大反対ですっ!!

香港について国会で声をあげないってどういうこと?

野党は桜を見る会よりももっと大事なことを話し合ってください。

中韓寄りだからか、能力がないからか、どうでもいいことばっかり。しかも全部ブーメランで自分に返ってきてるんだから、本当に呆れる。情けないし恥ずかしい。あの人たちを国会議員に選んだのは私たちだと思うと、辛い。

 

虎ノ門ニュースで香港問題についてジャーナリストの門田隆将さんと井上和彦さんが色々説明してくれて、今の香港と台湾の状況がよく分かりました。

 

 

 

香港の学生が大学に立てこもっていて、遺書を用意して死を覚悟して戦っています。

中国政府は情報操作をしたいんだけど、民主主義である香港では思うようにならず。
中国と香港のSNSとの闘いでもあり、学生たちが立てこもる大学にはSNSを発信するのに大きな役割を果たすサーバーのようなものがあるそうです。中国はそれを奪取したいわけです。

 

 

 

中国が強行突入をしようとしたようですが、学生たちの集団焼身自殺の情報を察知し、国際社会に与えるイメージが悪いと考えたらしく一旦引いたそうです。学生たちの自殺を止めれたのは良かったものの、香港の闘いの壮絶さに胸が痛くなります。

何がイメージだ!国際社会に与えてるイメージはすでに最悪だよ!
共産主義なんてロクなもんじゃない!

 

中国政府が使用してる催涙弾はとても恐ろしいもので、謎の物質が含まれていて、気管支、内臓、皮膚がやられるんだそうです。怪我をしてもおちおち病院にも行けない。行くと逮捕されるからです。

 

 

 

戦う香港市民を台湾が全力で支えています。

精神的な意味ではもちろんだし、怪我をした人を台湾が受け入れて治療をしているようです。
台湾は香港と共に戦っています。

日本は???

「日本は香港の民主主義を支援します」と宣言するだけでも大きな意味があるのに、どうして何もしないの?できないの?

それでいて、習近平を国賓招待だなんて!!中国のやってることを日本は支持するつもりなの?!そう思われるよ!?そんなの絶対ダメっ!

 

中国は香港に対して一国二制度による統治が失敗したので、台湾に対しては最初から武力制圧してくる可能性が高い。

台湾は自分たちの置かれてる状況がちゃんと分かっているから、必死に香港を支えて一緒に戦っています。

 

この戦いの着地点は一体どこにあるんだろう。

普通に考えたら、こんなことをして香港や台湾を統治しても国際社会の中で生きていけないと思うし、米国が台湾を支援する姿勢であり中国に対する非難は強い。だけど、中国はそんなの関係ないんでしょうね。結局、私たちの常識は通じない相手なんですよ。信じてはいけない国です。

中国にはお金と軍事力がある。そして常識と人権がない。つまり何でもできるってこと。

 

 

この香港の問題は他人事ではないと思う。

中国は日本国内の土地を買い占め、在日を地方公務員やマスコミなどに送り込み、じわじわと中から侵略を進めている上に、尖閣諸島は必ず奪取すると宣言しています。事実、領海領空侵犯を繰り返して尖閣諸島には中国の船や飛行機がしょっちゅう来てる。

香港の人が未来のために戦っている姿は、明日の日本です。と、私は不安に思ってみています。

 

 

私の個人的意見は、中国許すまじ!です。中国共産党は絶対に信じない。

1
\ブログランキング参加中です/

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ

「いいね」みたいな感じでポチっとしてもらえると「ブログ見てもらえてるんだなぁ」って思えて嬉しいです^^
この記事を書いた人

まっちゃま
人生のほとんどを松山市内で過ごしてきたアラフィフです。
方向音痴で右折と車線変更が苦手ですが、グーグルマップとスマホナビのおかげで松山市と松山市近郊のグルメやお出かけを楽しんでます。 私が行けるところは大抵の人が行けるはず!